ログイン



音楽大学の運営面を学ぶ音楽芸術運営学科について

by svbigikjubeyobukou.info

音大卒業生の活躍する場は演者としてだけではなく、舞台の演出やプロデュースを始め運営側として作成する方面もあります。

昭和音楽大学の音楽芸術運営学科は創る方の人材育成を目指しています。

アートマネジメントコース、舞台スタッフコースとも音楽を良く理解し楽譜が読める人材を基本としています。

アートマネジメントコースではさらにプロデュース力を高め、科学的経営手法を学び、英語や国際教育によるグローバルに活躍できる力をつけるカリキュラムを実施しています。

舞台スタッフコースでは舞台監督を始め、照明、音響、舞台美術などの第一線で活躍する講師陣から舞台演出などのノウハウを学びます。

また、国家資格である舞台機構調整士「音響」3級試験会場が大学となっているため、劇場管理技術者に必要とされる資格を身近な場所で受験することができます。

またミュージカルコース、バレエコースで舞台の指導など第一線で活躍できる人材を輩出しています。

他に最近注目されている音楽療法コースがあります。

気になった方はホームページから資料請求をお勧めします。

Comments are closed.